3分でできる!Google Analyticsで自分のアクセスを除外する方法

Google Analytics

こんにちは、富男です。

Googleアナリティクスを導入中の運用サイトで 、コンテンツの確認などのために自サイトへアクセスすることは多いと思います。

そうすると、 アクセス解析データのうち自分からのアクセスの割合が増えてしまい、正しいアクセス解析結果を得ることができなくなってしまうかもしれません。
アクセス数が少ないサイトだと、自分のアクセス数が大きな割合を占めてしまいます。

なので、今回、 Googleアナリティクスで自分の使用しているIPアドレスをデータから除外してみましょう。

Googleアナリティクスの導入がまだの方は以下の記事を参考にしてください。

【サイト作成】Google Analyticsを使ってアクセス解析してみよう!(アカウント作成編)

自宅で使用中のIPアドレスを知る方法

Googleアナリティクスから自分が使用しているIPアドレスを除外するためには、まず、自分の利用しているIPアドレスを確認する必要があります。

以下の「CMANインターネットサービス」はサイトへアクセスするだけで、現在使用しているIPアドレスを教えてくれます。

アクセス情報【使用中のIPアドレス確認】
あなたのアクセスしているIPアドレス情報などをENVとJavaScriptで取得し表示します。あなたのIPアドレスからポート疎通・ping疎通・DNS索引・WHOIS情報も取得できます。

上記のサイトにアクセスして、自宅で使用しているのIPアドレスをメモしましょう。これが自分のIPアドレスです。

GoogleアナリティクスのIPアドレス除外設定のやり方

では、実際に除外設定を行ってみましょう。

まず、Googleアナリティクスを開き、左下にある「管理」をクリックしましょう。以下の画面に遷移するので、右の「ビュー」の中にある「フィルタ」を選択します。

フィルタをクリックしたら、画面上部にある「フィルタを追加」を押して設定を進めましょう。

フィルタ情報の「フィルタ名」「フィルタの種類」「IPアドレス」、フィルタパターンに先ほどCMANで確認した自宅のIPアドレスを入力し、
そして「保存」ボタンをクリック、これでGoogleアナリティクスで自分のアクセスとなるIPアドレスの除外設定が完了です。

簡単にできましたね。これでコンテンツ確認などの自分からのアクセスは除外できると思います。

Googleアドオンでアクセス除外する方法

自宅以外からアクセスすることが多くて、IPアドレスで絞ることが出来ない、って方も多いと思います。その場合はブラウザに以下の「Google アナリティクス オプトアウト アドオン」を導入してみてください。スマホやタブレットで使用することができないですが、PCであれば簡単に自分のアクセスを除外することができます。

Google アナリティクス オプトアウト アドオンのダウンロード ページ

まとめ

今回はGoogleアナリティクスのアクセス結果から自分のアクセスを除外する方法をご紹介しました。コンテンツ確認などしていると、どうしても自分からのアクセスは増えてしまいますので、ぜひ事前に設定しておき、正しいアクセス解析ができるようにしましょう。
それではまた!

トップへ戻る