どれが人気コンテンツか一目瞭然!Googleアナリティクスの拡張機能「Page Analytics」

Google Analytics

こんにちは、富男です。

サイト運用において、Googleアナリティクスを使ってアクセス解析している方は多いと思います。しかし、Googleアナリティクスは高機能すぎて逆にどこから手を付けたら良いのかわからないって状況になってたりしませんか。

今回は、もっとシンプルに解析したいサイトに対し、
ブラウザで閲覧するだけで、アクセス数確認などGoogleアナリティクスの機能が使える
便利なChromeの拡張機能を紹介します。

Googleアナリティクスのアカウント登録がまだの方は以下の記事より、アカウント登録を済ませておいてください。

【サイト作成】Google Analyticsを使ってアクセス解析してみよう!(アカウント作成編)

気軽にアクセス解析!Chrome拡張機能「Page Analytics」

さっそく追加方法ですが、Chromeの拡張機能なので、以下のURLからインストールするだけです。Chromeの拡張機能はすぐお手軽にアプリを追加できるところがよいですよね。

Page Analytics (by Google)
The Page Analytics Chrome Extension allows you to see how customers interact with your web pages.

拡張機能がインストールできたら、Chromeの右上にPage Analyticsのアイコンが表示されたと思います。

「Page Analytics」を使ってみよう!

インストールが完了したので、さっそく拡張機能を使ってみましょう。
Page Analyticsを使用するには、 Chromeで Googleアナリティクスに登録しているGoogleアカウントでログインを事前にしておいてください。

その状態でGoogleアナリティクスのトラッキングコードが埋め込まれている自分のサイトへアクセスすると、Page Analyticsが「OFF」となっているはずです。

Page Analyticsの基本的な機能を使用するには、上記OFFになっているアイコンをクリックして、「ON」に変更してあげるだけで使用することができます。

Chromeの上部にGoogleアナリティクスのグラフが表示されたと思います。

さらにサイト内をそのまま閲覧すると、どのコンテンツにアクセスがあったかをパーセント表記で確認することができます。

Googleアナリティクスの管理画面からだと、URLを追っていかないとどのページにアクセスがあったのか分かりずらいですが、これならどのコンテンツにアクセスがあるのか一目瞭然ですね。

さらにパーセント表記だけでなく、アクセスのあった個所に色を付けることもできます。

色が付くと、アクセスのあった場所がかなり分かりやすくなりましたね。

さらに、期間を最近1週間などフィルタリングすることもできますし(デフォルトでは直近1か月のデータにフィルタリングされています。)、Twitterから来たアクセスだけ解析するなど、自分の用途に合わせて表示をカスタマイズすることもできます。

まとめ

今回、GoogleアナリティクスのChrome拡張機能「Page Analytics」を紹介しました。
拡張機能なのでインストールも簡単にできますし、使い方も非常にシンプルです。

Googleアナリティクスを導入したばかりで、まだ機能を覚えきれていない方、この拡張機能から使ってみてはいかがでしょうか。

それではまた!

トップへ戻る