パソコンの廃棄ってどうするの?廃棄方法まとめ

パソコンの廃棄方法生活・暮らし
この記事は約4分で読めます。

こんにちは、Tomioです。

現在、スマートフォン1人1台の時代と、かなりスマートフォンの普及が進んでいて、パソコンでやりたいことのほとんどがスマートフォンで完結するようになり、パソコンが不要という方も出てきたと思います。

また、Windows7のサポートが2020年1月で終了のため、パソコンが不要という方も多いかもしれませんね。

パソコンの廃棄は通常のゴミ回収では捨てることができません。2003年にパソコンにPCリサイクルマークが付いてから簡単に捨てることができなくなりました。
皆さんの中にも粗大ゴミで捨てれるのではと考えた方もいらっしゃると思います。

そこで今回、パソコンの廃棄方法についてご説明したいと思います。

パソコンを捨てるための準備

パソコンを捨てる前に注意すべきことがあります。

それは、長年使用してきたパソコンのハードディスクに保存されているあなたのデータです。画像や個人情報など様々なデータが保存されていると思います。

そのデータを気にせず、下手に処分してしまうとデータが漏洩してしまい悪用されるといったこともあり得ます。

以下の方法を使用して、パソコンのハードディスクのデータを読み取れないようにしておきましょう。

データ抹消ツールを使用する

自分でファイルの削除などをしても、実はOSから見えないだけで、そのデータが残っている可能性があります。なので、専用のツールを使用して完全にデータを消去するようにします。無料のツールもありますが、SSDに対応していないなど、使いづらいものもあります。

有償で販売しているツールを購入するのが安全だと思います。

ハードディスクを物理的に破壊する

ハードディスクをハンマーなどで叩いて分解することで使用不能にするという方法がです。

しかし、この方法では見た感じ破壊できたと思っていても、少し詳しい人が見ると、内部の記録部分は無傷のままということが多く、原形を留めないほどの破壊をしなければ安心できないという問題があります。

もちろん、粉々に破壊できればデータを閲覧することは不可能なので、もし物理的に破壊するなら、原型を留めないレベルには破壊するようにしましょう。

パソコンを捨てる方法

法律違反しないように正しい方法でパソコンを捨てる方法をご紹介します。

自治体が設置している回収ボックスで処分する

全国の自治体にはパソコンなど電子機器を処分できる回収ボックスが設置されています。

自治体が設置しているので、悪徳業者にデータ漏洩することがなく安心です。

ただし、自治体によってルールが異なる場合もあるので、自治体の処分方法を確認したうえで処分するようにしましょう。

回収業者に処分を依頼する

自分でパソコンを処分するのは面倒という方は、回収業者にパソコンの処分を依頼することができます。

「パソコン 処分」「パソコン 廃棄」などのキーワードで検索をすると、たくさんの業者を見つけることができます。こうした業者はデータ削除から買取、撤去など全てを行ってくれます。しかし、費用が高くなってしまうことが多いのがデメリットです。

パソコンメーカーの回収サービスを利用する

法律の規定により、パソコンメーカー自らが不要になったパソコンの回収サービスを行っています。パソコン本体に「PCリサイクルマーク」というシールが貼られているかどうかをチェックしてみてください。このシールが貼られている場合はメーカーが無料で回収してくれます。このシールがない場合は有償となり、パソコンの処分費用は3,000円です。

メーカーのパソコン回収サービスは、各メーカーの案内にしたがって利用してください。以下のサイトに各メーカーサイトへのリンクがあります。

一般社団法人パソコン3R推進協会

購入時の下取りサービスを利用する

パソコンを処分する方の多くは、新しいパソコンを購入されると思います。このように買い替えの場合は購入時に下取りサービスを利用するとパソコンを回収、処分してくれます。

このサービスはパソコン販売店が行っているもので、不要になったパソコンを下取りに出すことにより、5,000円や1万円といった値引きを受けることができる販売店もあります。

なお、この場合パソコンのデータ消去は自分で行う必要があります。

オークションやフリーマーケットで販売する

オークションやフリーマーケット(フリマアプリ含む)などで売却すれば中古買取店で買い取ってもらうよりも、より高額で買い取ってもらえるかもしれません。

しかし、この場合データの完全な抹消を自分の責任において確実行わなければデータが復元されてしまう可能性があります。

悪意のある第三者にパソコンが渡る可能性がある事を考慮すると、データの完全な抹消が出来る方でない限りオークションやフリマアプリでの取引はあまり推奨できません。

まとめ

いくつかパソコンの処分方法をご紹介しました。

パソコンは適切な処分を行わなければ、情報漏えいや法律違反などリスクが発生してしまいます。正しい方法で処分するようにしましょう。