YouTuberに将来性はある?稼げない日はくるのか?

YouTuberは稼げるのか?生活・暮らし
この記事は約3分で読めます。

2020年現在、国内YouTuber市場はどんどんは広がっています。

将来子供のなりたい職業でも、大人気のYouTuberですが、本当に職業として生活していくことは可能なのでしょうか。YouTuberの現状や、将来YouTuberがどのように変化していくのか、考えてみたいと思います。

YouTuberの現状

現在、言うまでもなくYouTuberの市場は拡大しています。
以下のような大物芸能人もYouTubeに参入してきています。

  • 嵐(ARASHI)
  • 江頭2:50
  • 宮迫博之
  • 本田翼
  • ダルビッシュ有
  • 川口春奈 などなど

最近だと、嵐や江頭2:50のチャンネル100万人登録者数達成のスピードがネットの記事で話題となっていました。

エガちゃんねる EGA-CHANNEL twitter公式アカウント(@samurai_badass)より

なぜ、このようにTVの世界で活躍した大物芸能人がYouTuberになるのでしょうか。その理由は簡単で、YouTuberがお金になるからです。
大物芸能人であれば、インフルエンサーとして、メディアへの影響度もかなりのものだと思います。
HIKAKINやはじめしゃちょーなどの古参YouTuberに加えて芸能人が次々とYouTuberへ流れてくると、今後YouTubeの競合率はかなり高くなり新規のYouTuberがアクセス数を伸ばすのは至難の技となりそうです。

では、新規YouTuberでは今後稼ぐことができないのでしょうか?

YouTuberのこれからは専門性が高くなる

私はこう考えます。商品レビューやどっきりなど、現在のバラエティTVに近い多方面ジャンルは今後、上記のインフルエンサーの独壇場になると思います。

新規参入者がそれらと戦っても、簡単に負けるのは目に見えています。
見ていて相当面白い動画でないと、まず勝てません。また、そのような動画が長いスパンで続くとは思えないです。

となると、新規参入者が挑戦するジャンルは専門性のあるチャンネルです。
現在もありますが、ITや教育、医学といった他の人には真似しづらいジャンルのチャンネルが多くなり、テーマの細分化が発生すると考えられます。

YouTuberを職業にすることは可能なのか?

現在、日本で初めてとなるYouTuberを題材とした小学生教育プログラムを運営している企業も出てきました。(FULMA

このように市場が拡大するYouTuberを職業にすることは可能でしょうか?

結論から言うと、YouTuberをずっと職業に生活していくことは厳しいでしょう。
上記のように、専門的知識が必要になってしまい素人は簡単に始められる世界ではなくなってくるからです。

また、YouTubeの収益がGoogleのみに限られていることも、不安要素のひとつだと考えます。

しかし、YouTuberが絶対稼げないというわけではありません。
YouTuberを続けることで、様々なスキルを習得することができると思います。

例えば、人前で話すスキルは通常、なかなか成長するものではないですし。動画編集や構成力など様々な力をつけることができると思います。

今後、YouTuberからさらなる新たな職業に変化していくかもしれませんね。