Google Search Consoleを使ってみよう!(サイト登録編)

Google Search Console

こんにちは、富男です。


今回、サイトを運営していく中で絶対に使いこなしたいツール「Google Search Console(サーチコンソール)」を紹介します。

サーチコンソールにサイトを登録することでGoogle検索エンジンで自分のサイトがどのように表示・クリックされているかを確認することができ、SEO対策をかなり効率良く進めることができます。

しかし、アナリティクスは設定してよく利用している方でも、このサーチコンソールは実際何ができるのかよくわからないから、といった理由で今までサーチコンソールを使ってこなかった方も多いのではないでしょうか?

Google Search Console でできること

サーチコンソールでは、サイトへのアクセスされたキーワードや、インデックスに関するサイトに発生したエラーなど様々な情報を管理画面上で確認することができます。

中でも、エンドユーザがサイトにきた際の来訪キーワードチェックやGoogle検索エンジンへの再クロール申請など、サイトを運営しているとかなりの頻度でこれらの機能を使用すると思います。

このようにサーチコンソールを使用すると、あなたのサイトをGoogleがどのように認識しているのか簡単に確認、操作できるので、検索順位を上げるSEO対策にはもはや欠かせないツールです。
ではさっそくサーチコンソールの登録方法をご紹介します。

サーチコンソールに登録してみよう!

まず、サーチコンソールはGoogleのサービスなので、Googleアカウントが必要になります。
アナリティクスなどでGoogleアカウントをすでに使用している方はこの手順は不要になります。

以下のURLより、Googleアカウントを作成してください。

Google アカウントの作成

Googleアカウントができたら、そのアカウントでさっそくGoogle Search Consoleにログインしましょう。

Google Search Console

アクセスができたら、サーチコンソールを使いたいサイトのURLを入力して、「プロパティを追加」をクリックしましょう。

次にサイトの所有権の確認を行います。
Google アナリティクスを使用している場合、
Google アナリティクスのアカウントを使用した方法が非常に簡単なので、今回そちらをご紹介します。

左下にある「確認」ボタンを押しましょう。必ずGoogle アナリティクスと紐付けているGoogleアカウントで確認を行ってください。

まだGoogleアナリティクスのアカウントをお持ちでない方は、「後で行う」を選択し、まずはアナリティクスのアカウントを作成しましょう。アナリティクスのアカウントの作成方法に関しては下記をご覧下さい。

その後、確認完了画面になります。「続行」をクリックしましょう。

するとGoogle Search Consoleのダッシュボード画面に移ります。これにて導入は完了しました!簡単ですね。

まとめ

今回はサーチコンソールの使い方についてご説明してきましたが、サイト運営に欠かせないSEOツールのひとつですので、しっかりと使いこなしてサイトの検索順位アップに役立たせていきましょう。

それではまた!

トップへ戻る