SEO対策で必須!Google Search Consoleにサイトマップを登録する方法

Google Search Console

こんにちは、富男です。

今回、Google Search Consoleにサイトマップを登録する方法を解説します。

初めてのサイトを作った際は、今から説明する手順を実施して
サーチコンソールを使ってXMLサイトマップの送信を行う事をおすすめします。

サイトを制作してからしばらく放置していた後に新規にページを作成してもなかなか検索エンジンのクローラーが来てくれなくて検索エンジンにせっかく作ったサイトが表示されないといったこともあると思いますが、そのような時にもサイトマップの送信で解決する可能性があります。

ここではサイトマップXMLの設定とサーチコンソールの設定について説明します。

サーチコンソールへのサイト登録については以下の記事を参考にしてください。

サイトマップとは?

そもそもサイトマップとはなんでしょうか。

サイトマップとは、はじめて訪問した人でも、どこに何があるのかがすぐに分かるようにすることを目的として作成され、このコンテンツはこのページに記載があります、といったデパートの案内板のような役割をします。
サイト内の全てのページへのリンクが一覧で記載されていることが多いです。

HTMLサイトマップとXMLサイトマップ

実はサイトマップには2種類あることを知っていましたか?

ひとつは「HTMLサイトマップ」といい、サイトの構成を一覧にしたものです。
まずHTML サイトマップとは、Webサイト内に存在するコンテンツが一般的にはカテゴリーやリスト形式で整理されていて、どこに何のコンテンツがあるかわかりやすくまとめた一覧ページのことを言います。

Webサイトに訪れたユーザーのため、ユーザビリティを向上させるページですね。

当サイトでも以下のようなサイトマップがありますが、これがHTMLサイトマップですね。

もうひとつは「XMLサイトマップ」と言います。聞きなじみのない言葉かもしれませんが、これは検索エンジンのクローラー向けのもので、サイト内の各ページに関して最終更新日、更新頻度など検索エンジンが順位を決めるうえで重要な情報が記載されています。このXMLサイトマップの情報を使用して検索エンジンはサイトの順位を決めているんですね。

今回サーチコンソールに登録するサイトマップはこのXMLサイトマップになります。

サーチコンソールにXMLサイトマップを登録しよう!

「XMLサイトマップ」をサーチコンソールに登録しておくと、作成したサイトに対して、クローラーが他のサイトに比べ早く優先的に巡回してくれるようになります。

クローラーがサイトを優先的に巡回してくれるということは、作成した記事が検索エンジンにも反映されやすいということなので、SEO対策の成果も確認しやすいですよね。

ではさっそく登録してみましょう。

「Google XML Sitemaps」プラグインのインストール

WordPressを使用してサイトを作成している場合、XMLサイトマップはプラグインを使用することで非常に簡単に作成することができます。

まず、「Google XML Sitemaps」というプラグインをWordPressにインストールしてください。
プラグインのインストール方法については以下参照。

プラグインの有効化が完了したら、左のサイドバーから「設定」「XML-Sitemap」を選択すると、XMLサイトマップを作成することができます。
そのまま指示に従ってサイトマップを作成してみてください。

サイトマップが完成すると、「あなたのサイトマップのインデックスファイルのURL: 」と書かれた画面が出てきます。これに続くURLをコピーしておきましょう。サーチコンソール登録の際に使用します。

サーチコンソールへの登録

まずはサーチコンソールにログインしてください。

新規登録の場合、まず以下のようにサイトマップをクリックしてください。

画面右上の「サイトマップの追加テスト」をクリックし、先ほどWordPress側で作成したサイトマップのURLを入力してください。
テストが問題なければ、サーチコンソールへのサイトマップ登録は完了です。

まとめ

今回、作成したサイトのXMLサイトマップをサーチコンソールに登録する方法をご説明しました。

サーチコンソールにサイトマップを追加することでGoogleに自分のサイトを認識させることができるので、SEO対策にもなります。簡単に登録できるので、
まだサイトマップを追加していない方は、これを機に実践してみてください。

それではまた!


トップへ戻る