無料で簡単!さくらサーバで管理しているサイトのHTTPS化!

サイト作成

こんにちは、富男です。

前回、お名前ドットコムから独自ドメインを購入して、そのドメインをさくらサーバに設定しましたが、まだHTTPS化した状態ではアクセスできません。

最近はHTTPS化していないサイトをChromeで閲覧すると警告が出てしまいます。
特に変なところがないのに警告がずっと出てしまうのは嫌ですよね。

当サイトはさくらレンタルサーバーで作成しているのですが、
さくらサーバではとても簡単に無料でサイトをHTTPS化することができるので、
今回は「さくらレンタルサーバーのサイトをHTTPS化する方法」をご紹介します。

そもそも「HTTPS」とは?

最近耳にする機会が多くなってきたHTTPSですが、「HTTPS」とは、そもそもどのような意味なのでしょうか。

HTTPSは「Hypertext Transfer Protocol Secure」の略で、もともとHTTP通信は暗号化されておらず、パスワードなどの個人情報も暗号化されていなかったんですが、それを暗号化する事でより安全に通信を行うためのプロコトルです。

HTTPのアクセスは、暗号化されていない状態で世界中を通信しています。
全世界どこからでもアクセスが出来るインターネットは、他の通信と比べてもクラッカーの標的の的になりやすく、暗号化されていないので、盗聴も簡単に出来てしまいます。

そのため、暗号化されていない通信でサイトを閲覧すると悪意を持った第三者に通信内容を盗聴される可能性があります。特にメールフォーム等で名前や住所、クレジットカード情報など、多くの個人情報が抜き取られてしまいます。これを暗号化して盗聴を防ぐのがHTTPSです。

こんなにHTTPS化が広まったのもGoogleがサイトのHTTPS化を推奨し、対応していない場合、ブラウザでエラーを出すようになったからなんですね。

また、Googleは公式ブログの中で、HTTPS化されたWebサイトはSEO対策でも有利になり、検索結果の表示順位にも影響すると述べています。

それでは、さくらレンタルサーバーでサイトHTTPS化をしてみましょう。

さくらレンタルサーバーでのサイトHTTPS化の方法

さくらレンタルサーバーでは、なんとデフォルトのさくらで発行されるサブドメインだけではなく、自分たちで購入した独自ドメインに対しても無料でSSL証明書を発行することができ、サイトをHTTPS化することができます。

インターネットサーバコントロールパネル」にアクセスして、IDとパスワードを入力します。

ログイン後、画面左下部にある「ドメイン設定」の中の「ドメイン/SSL設定」をクリックします。

管理ドメインの右横にあるSSL証明書の「登録」をクリックします。

「無料SSLの設定へ進む」をクリック。

これだけでサイトのHTTPS化は完了です。
非常に簡単ですよね。

無料SSLの申請をしてから、実際にサイトがHTTPSで閲覧できるようになるには少し時間がかかりますので、「あれ、見れないな」と思ったら少し時間をおいてからもう一度試してみてください。

まとめ

今回、さくらレンタルサーバーでのHTTPSを紹介しました。 サイトを暗号化してセキュリティを向上し、さらにSEO対策として検索エンジンの順位アップも期待できるなど、サイトのHTTPS化にはさまざまなメリットがあります。

さくらレンタルサーバーを使用していると、とても簡単にHTTPS化できるので、ぜひ皆さんも自分のサイトをHTTPS化してみてください。

それではまた!

トップへ戻る