本当に新規ドメイン?中古ドメインかどうか過去使用履歴をチェックしよう!

本当に新規ドメイン? サイト作成

こんにちは、富男です。

今回は新規ドメイン取得時過去使用履歴のチェック方法の解説です。
独自ドメインを新規取得する際、過去に使われていた中古ドメインかどうかをきちんと調べるようにしましょう。

新規ドメインの取得方法については、以前紹介したこちらをご覧ください。

中古ドメインとは?

中古ドメインとは、過去に別のユーザーが使っていて、過去にサイトが存在していたドメインのことを指します。

正しく使用されていた中古ドメインであれば、検索エンジンにインデックスされやすいなどのメリットはあるかもしれませんが、デメリットの方が大きいので、使わないことをおすすめします。

ドメインの過去使用履歴のチェックが必要な理由

なぜドメイン取得時、過去使用履歴のチェックが必要なのでしょうか。

それは、他の人が過去に使っていてドメイン自体に悪い評価がついている可能性があるからです。
新規ドメインを購入した際、チェックしてみると新規ドメインにも関わらず、実は過去使用されていた形跡がある中古ドメインだったということはよくあります。Googleから「手動による対策」という悪い評価を受けていたドメインだと最悪で、あなたが新しく記事を書いても、検索エンジンにインデックスがまったく登録されず、上位に掲載されない可能性もあります。

これらのGoogleからのマイナス評価は本来、ドメインの持ち主が変わった時点でリセットされるべきですが、新規ドメイン取得時になぜかリセットされない場合が多いとのことです。

購入ドメインの使用履歴をチェックのは大事なことだとわかりましたね。
それでは、早速チェックを行っていきましょう。

ドメインの過去使用履歴のチェック方法

ドメイン名をGoogleで「site:」を付けて検索する

Googleでにお目当てのドメイン名に「site:」を付けて入力し検索してみましょう。

新規であれば、結果に何も表示されないはずです、
インデックスが残っている場合、過去に使用履歴がある中古ドメインですので、取得は避けたほうがよさそうですね。

Internet Archive Wayback Machine で調べる

Internet Archive Wayback Machineは、過去のサイトのアーカイブを閲覧することができるため、取得予定のドメインについて、どのように過去使用していたかを確認することができます。

サイトが保存されたページを時間軸で確認することができるため、過去のアーカイブを確認できた場合、調べていたドメインは中古ドメインということが分かります。

まずは、以下サイトにアクセスします。

Wayback Machine

「Enter a URL or words related to a site’s home page」の部分に、調査したいドメイン名等を入力し、エンターキーを押します。
もし過去に使用履歴がある場合、過去のアーカイブに表示されます。

検索結果に以下のような文章が出てくれば、中古ドメインではありませんので、
問題なく使用できます。

Hrm.

Wayback Machine doesn’t have that page archived.
Want to search for all archived pages under tomioblog.com

ドメインがブラックリストに登録されていないかチェック

先ほどのチェックで、購入しようとしているドメインについて過去の使用履歴を調べました。
念のため、ドメインがブラックリストに登録されていないかも確認しておきましょう。

ブラックリスト確認ツール aguse.jp

aguse.jp: ウェブ調査
あやしいサイトや知らないサイトを訪れる前に、URLを入力するだけでサイト背景情報を調査したり、迷惑メールの送付経路を表示したりすることが出来ます。

このサイトでは、調べたURLのドメインが大手のブラックリストに登録されていないかを簡単に確認することができます。調べたいドメインを入力ボックスに入れ、「調べる」をクリックすると、解析が始まります。ドメインに問題がなければ、解析結果の下の方へ行くと、以下のように「〇SAFE」と表示されるはずです。

まとめ

以上、ドメイン取得時に中古ドメインかどうかを確認する方法について紹介しました。

新しく取得したドメインが、過去に運用履歴があるドメインで、以前の所有者が不正なスパムなどでGoogleに低評価されている場合、最悪のパターンなので、
ドメインを新規取得する際は、必ず過去どのように使われていたのか、中古ドメインかどうかを確認することをオススメします。

それではまた!

トップへ戻る