自分好みのサイトに!WordPressプラグインのインストール方法

WordPress
この記事は約5分で読めます。

今回はWordPressにプラグインをインストールする方法をお伝えします。

WordPress プラグインってなんだろう?

標準のWordPressにはない機能(プログラム)が「プラグイン」という形で配布されており、それらを追加インストールする事によって、運用しているサイトに様々な機能を持たせる事が出来ます。

例えば「お問い合わせフォーム」であったり「サイトマップ」「メール送信機能」などの機能がプラグインとして数多く配布されており、それらを皆さんが運用しているWordPressにインストールするだけで使えるようになります。

これを活用することで、WordPressサイトを制作目的にあった自分だけの独自サイトへカスタマイズすることができるのですね。

WordPress プラグインのインストール方法

WordPressにプラグインを入れる方法は2種類あり、管理画面からインストールする方法とFTPでファイルを直接アップロードする方法があります。

管理画面からインストールする方法が簡単なので、なるべく管理画面からインストールする方法をご使用ください。

まずはWordPressのダッシュボードからのインストール方法です。

管理画面からインストールする方法

WordPressの管理画面にログインした後、「プラグイン」「新規追加」をクリックします。

WordPressのプラグインのページに遷移するので、右上部の検索ボックスからお目当てのプラグインを検索しましょう。

今回は試しに「Duplicate Post」というプラグインを入れてみます。
検索ボックスで検索すると、対象のプラグインが一覧に出てくるので、
まず、対象プラグインの右下を確認し使用中のWordPressバージョンと互換性があるかどうか確認してください。
互換性に問題がなければ、「今すぐインストール」をクリックしてください。
プラグインのインストールが始まります。

インストールが完了すると「有効化」がクリックできるようになります。
すぐにプラグインを反映させる場合、「有効化」をクリックしてください。

プラグインの有効化に成功すると、以下のように「プラグインを有効化しました。」と表示されます。これでプラグインのインストールは完了です。

ファイルをアップロードしてインストールする方法

次に、ファイルをWordPressのサーバへ直接アップロードする方法をご説明します。

まず、WordPressの公式サイトや個人サイトからWordPressプラグインファイルをダウンロードしてきます。

ダウンロードしてきたファイルを展開し、保存します。

FTPクライアントを起動し、
「WordPressのインストールフォルダ」> 「wp-content」 > 「plugins」フォルダ内まで移動し、先ほどダウンロードしたプラグインファイルをそのフォルダに配置します。

配置したら、WordPress管理画面にログインして「プラグイン」「インストール済プラグイン」を選択すると配置したプラグインが追加されていますので、「有効化」をクリックしてインストールは完了です。

おすすめプラグイン紹介

インストール方法をご説明したところで、おすすめのWordPressプラグインをいくつかご紹介します。

Category Order and Taxonomy Terms Order

通常、カテゴリを複数作った場合、並び替えをすることができません。
自分のおすすめを上に表示したいとかありますよね。
そのような場合に、順番を直感的に並び替えることができるプラグインです。

Contact Form 7

お問い合わせページを簡単に作成できるプラグインです。
自由に作成項目(お名前やメールアドレスなど)を選択できます。
必須にするか任意にするかも選べます。

Duplicate Post

過去に WordPressで記載した記事をコピーして新しい記事を書きたいってとき、あると思います。 Duplicate Post は記事や固定ページを複製することができるプラグインです。

Edit Author Slug

通常だとWordPressの仕様でURLの末尾に「/?author=1」をつけると、著者であるあなたのユーザ名(ログインID)が表示されてしまいます。それを隠すことができるプラグインです。

Enable Media Replace

アイキャッチ画像や記事内の画像を差し替えることができる便利なプラグインです。単純な差し替えや、リネームしたうえで一括差し替えもできます。

EWWW Image Optimizer

WordPressメディア内の画像を最適化して、ファイルサイズを縮小します。
ファイルサイズはサイトの表示スピードにも関係あるので、縮小しておくほうがよいです。

Google XML Sitemaps

XML Sitemapを作ることができます。
詳しくはこちらを御覧ください。

Regenerate Thumbnails

メディアにアップロードされた画像はアップロードされるタイミングで、自動で複数の画像サイズを作成しています。
アップロード済みの画像サイズを変更するためのプラグインになります。

WebSub/PubSubHubbub

記事を更新したとき、検索エンジンにいち早く更新を伝えインデックスしてもらうためのプラグインです。特に設定値もないので、入れるだけで簡単に使えます。

まとめ

今回、WordPressのプラグインのインストール方法についてご説明しました。
おすすめのプラグインも簡単に使えるものばかりなので、是非入れてみてください。

それではまた!