SEO対策!ページの文字数を即座にカウントしてくれるクローム拡張機能

便利ツール

こんにちは、富男です。

今回はブログを書く上で便利なページの文字数を即座にカウントしてくれるツールを紹介します。

Google Chromeの拡張機能になります。

「かんたん文字数カウント」とは?

Webページ上に文章の文字数を調べたい時ありませんか。「この人の記事読みやすいな、この記事でどれくらいの文字数なんだろう」って時ありますよね。文字数を意識することでSEO対策にもなるみたいです。

それでは、Webページ上で文字数を確認したいとき、皆さんどうしているでしょうか。
文章をコピーして、エディタに貼り付けて文字数を数えたりしていませんか。
もちろんそのやり方でもできると思いますが、それではかなりの時間がかかってしまいますね。

なんと、そのページから移動することなく簡単に文字数を表示させることができるGoogle Chrome拡張機能があります。

それが「かんたん文字数カウント」です!

拡張機能なので、導入はダウンロードするだけ!


以下のURLより拡張機能をダウンロードすれば、すぐ使用することができます。

かんたん文字数カウント
選択したテキストの文字数をカウントします。

かんたん文字数カウントの使い方

文字数を知りたい文章(テキスト)を選択して、右クリックを押します。


右クリックすると「選択テキストをカウント」という項目があるので、それをクリック。すると、ポップアップで現在選択している文字数がカウントされ表示されます。

Chrome拡張機能以外の文字数カウントツール

ブログの記事を書く際、テキストで一旦書いてからWordPressにアップしているって方もいると思います。
なので、上記の紹介したChromeの拡張機能以外でコピペで文字数を確認できるツールをいくつか紹介します。どれもコピペで簡単に使用できるので、使ってみてください。

文字数カウント - numMojiなんもじ(リアルタイム文字数計算チェック)
文字数カウント/文字数カウンターnumMojiは入力された文字の数をカウントします。リアルタイムに自動保存をしながら半角英数字2文字で1文字と数えられる、ライター・編集者など、文章を書くすべての人向けお役立ちツール
文字数カウント
文字数(バイト数)をカウント(チェック)するツール。字数、バイト数(全角2バイト・半角1バイト・改行2バイト)、改行・空白を除いた文字数など幅広い条件で文字数をカウントできます。
字数カウンター
入力した文字の数をリアルタイムにカウントします。

まとめ

これでどんなサイトでも簡単に文字数をカウントできますね。
SEO対策的にも、サイトの記事の文字数は少なくとも1500文字書けと言われているので、文字数を確認することは重要なことだと思います。
ぜひ今回紹介したツールを使用してみてください。

今回はここまで。
それではまた!

トップへ戻る